FC2ブログ

山が呼んで、はいない

6月末から9月にかけて、私の日曜日の半分くらいを自転車の大会が占領しているが、その大会が無い週末はとても充実している。
土曜朝から自転車で走り、夕方からキャンプ。日曜は朝から登山をする。
そう、趣味サンレンチャンだ。
日曜に向けて体力を温存しなければいけない大会の週末はこうはいかない。
このウィークエンドはワークプレイスからのヘルプをノーヘルプしてフリーダムになったため、仕事によりくたびれた精神を回復させるべく肉体をくたびれさせている。
土曜は青森市にいた頃のホームコースで自己ベストを叩き出し、その後温泉に入って標高900mのキャンプ場で避暑。
翌朝は小雨が降っていたのでだらだらし、雨が止んだ10時頃から八甲田を登って、温泉。
段々と自転車の比率が下がってきているのは置いといて、とても良い週末でした。

7月の三連休と8月に北東北の最高峰鳥海山に行き、2回とも別の登山口から登ったが、どちらも超楽しい。
登り口から開けていて景色が良いし、雪渓あり山小屋あり、通りがかりの関西オバチャンと即席登山道探索隊を結成したりと、とても充実した山行でした。
みんな、鳥海山行こうぜ!
何回でも行きたいし。
DSC_0034.jpg
DSC_0142.jpg
DSC_0159.jpg
DSC_0189.jpg

4連休があれば北アルプス行きたいけど、その前に1日中ひたすら登り続ける体力を付けねばならんのだよね。
スポンサーサイト



GWだらキャン

天皇陛下の退位と新天皇陛下の即位による祝日の追加によって謎のオセロが発動し生まれた、
二度と無いであろう素晴らしき10連休。
皆様はどうお過ごしでしたでしょうか。
仕事、湯治、自己満足?それとも海外旅行でしょうか。

私は先月半ばに行われた自転車レースでの落車で右肋骨を損傷したため、医師から運動と4kg以上の物を持つことを封じられてしまい、やさぐれて昼間からセイコーマートのワイン(セイコーマートオンラインで12本購入すると送料無料!)を飲んでいる、まるで家畜小屋のブタの様な10連休でした。
そんな掃き溜めから私を救い出してくれたのが、札幌からインドに飛び、仏教かヒンズー教か何かの、なんだかよく分からないそこはかとなく厳しいふんいきの修行を乗り越えて、5月から青森で働くことになったミッシェルIMIZMです。
IMIZMはスーパーソロキャンパーで、昨年行われた「ゴールデンウィーク嵐の北海道キャンプ」で世話になった北海道四天王(岩手一人含む)の一人です。
私がキャンプを始めたのもIMIZMのフリーダム精神に触発されたためです。(焼肉が出来てホテル代が浮かせるからです。)
彼には青森に戻って落ち着いたら飲もうぜという話をしており、引越しが終わったタイミングでキャンプに誘ってくれました。

さて、青森市から東でキャンプしたことの無い私は、まず東側の有名キャンプ場を当たってみるがGW期間なので当然予約は埋まっている、と。
小川原湖畔キャンプ場が良さそうだと思って当日IMIZMと合流しましたが、暴風警報が出る位の強風が吹き荒れ、キャンプ場管理人の方にもキャンプやめたほうがいいよ~と言われて引き下がりました。
湖畔、海沿いは強風でアカンだろうということで、七戸森林公園キャンプ場という予約不要で無料のキャンプ場に行こうと決めました。

キャンプ場に到着。
こんな山の採石場の更に奥にキャンプ場あるんかいな・・・という所にありました。
だだっ広いサイトの芝生も刈られていてちゃんとしたキャンプ場。
桜も丁度良い時期です。
s-DSC_0392.jpg

我々は炊事場のずっと奥の川沿いにテントを張りました。
川の向こうは小さな滝が流れていて、スバラしく風情があります。
時折突風が三方向から吹いてきて、肉の入った紙皿や酒の入ったコップや焚き火をひっくり返すので二人でブーたれてましたが仕方が無い。だって自然と一体化するキャンプだもの。
IMIZM氏とインドなどの色々な話をして、ちょっと多めに酒を飲んで撃沈。
DSC_0390.jpg

翌日は最寄のラーメンショップで朝飯を食いすぎて具合が悪くなった後、東北温泉というお湯が真っ黒い温泉に入って眠くて撃沈。テントに戻って更にだらだらしてから解散しました。
私は八戸にソフトクリーム食いに行きましたが、メチャ眠いIMIZMは寮に戻るとのこと。7日からの新しい仕事ガンバッテ!
食って寝てばかりのキャンプでしたが、大学の頃も宅飲みは大体こんな感じだったので懐かしくなりました。
みんな、だらだらキャンプしようぜ!

一気にアウトドア派に

続きを読む

ゆるキャン開始

もう2ヶ月以上前だがGWの北海道はとても楽しかった。
皆様ありがとうございました。
きゃんぴんぐかーという一般人には縁の無い乗り物で嵐の中キャンプ・・・
斧で木をぶった切ったり山菜を乱獲したり、とにかく自然と一体化できて素晴らしい経験になったので、
また行きたい。涼しくなったら。

なのでヒグマが出る試される大地で一人キャンプをしているという偉大なIMIZMさまへのリスペクトとして、
私も一人キャンプ始めました。
火を焚いたり焼肉しながら一人酒を飲んで、自然と一体化するなどという素晴らしい試みです。
安いテントとタープ、イス、IMIZMさまと同様の焚き火台とバーナーなど道具一通り購入して3万弱。
自転車の大会で遠征する時は大抵車中泊だったが、キャンプだとそれより大分くつろげるね。
登山口のキャンプ場など標高が高くこの時期でも涼しくて、避暑としてもいいです。
最近は自転車シーズンで県外に出る機会が多いのだが、平行してキャンプをどんどんやっていきたいと
思う今日この頃なのであります。

全国行脚(全国ではない)2 東京の部

深夜に家を発ち、いまいましい雪だらけの東北を高速道路で700KM程ワープしてさいたまの道の駅に着いたのが昼過ぎ。
第一目的地である自転車屋までの道すがら、ノンシティボーイにとっての憧れである荒川サイクリングロードをうろうろしたが、平日の昼間にもかかわらず、練習中のロード、買い物に行くママチャリ、ランナー、犬の散歩マンなど、それなりの人々が行きかっていた。ロードバイクに乗っている人を追い抜くと追い抜き返されるという、謎のバトルが時たま勃発する殺伐としたサイクリングロードだ。休日はきっと地獄の様だろう。
自転車屋では昔懐かしい感じの細い鉄フレームをオーダーメイドで作っている。完成するまでに3ヶ月ほどかかるらしいが、待つ時間がとても楽しく思える。
DSC_2658.jpg DSC_2659.jpg
オーダーの後は、秋葉原や浅草周辺をまた自転車でうろうろし、銭湯に入って就寝。この日は80Kmほど走ったが、東京は自転車だとどこに行くにも早くていいね。

二日目は午後からの始動である。
地下神殿と呼ばれている首都圏外郭放水路が素晴らしい。広角レンズを買った甲斐がありました。
DSC_0111_20180130002203060.jpg DSC_0140.jpg
DSC_0137.jpg

夕方は寄席で落語鑑賞。落語の演目は文七元結と干物箱、花見酒など。合間合間に手品や傘回しの曲芸やなんかもあり、飽きずに楽しめた。混雑していなければ、3000円で昼から晩までずっと居られるらしいですよ。飲酒、飲食もOK!良いではないか。
DSC_0174.jpg

八王子の道の駅に移動して就寝。
翌日は神奈川の山を登ってから長野に移動だ。
プロフィール

kingyo nebuta

Author:kingyo nebuta
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR